教育体制について

看護部ホーム ≫ 教育体制について

教育委員会

目 的

病院と看護部の理念に基づき、専門職としての主体性、自律性を持ち、臨床看護実践能力を高め、質の高い看護サービスが提供できる。

平成27年度看護部院内研修の例

・感染対策(前期)
・十二誘導心電図の使い方(演習)
・記録
・ME機器の取り扱い(演習含む)
・急変時の看護(AEDの扱い)
・医療安全(前期)
・医療安全(インシデントについて)
・接遇
・口腔ケア
・施設基準
・看護必要度
・ポジショニング・褥瘡予防
・感染対策(後期)
・感染対策(インフルエンザ・感染性胃腸炎)
・医療安全(後期)
・リフレッシュ研修
・検体の取り扱い
・薬剤管理
・認知症の患者ケア

▲ ページの先頭に移動