院内での主な取り組み

ホーム ≫ 院内での主な取り組み

療法士を「回復期リハビリチーム」、「脊椎脊髄疾患チーム」、「維持期・訪問リハビリチーム」に所属させることで、療法士の専門特化を進め、より質の高いリハビリテーションサービスが提供することができるような体制をとっております。 ≫組織図を確認

当院は急性期病棟から回復期病棟、療養病棟を有するのみならず、訪問リハビリ事業も手掛けておりますので、入院から自宅生活まで一貫して関わることができる点が強みとなっております。間断のない関わりにより、無駄のない効率的なリハビリテーションサービスを提供することができるだけでなく、ご本人やご家族に安心感を持って頂くことができるものと考えております。

回復期リハビリテーション病棟に入院されておられる方を対象に、年中無休でリハビリテーションサービスを提供しております。濃密なリハビリテーションサービスを受けて頂くことは、それぞれの対象者にとって、より早い時期に、より良い結果が得られることにつながります。

療養病棟において長期の療養を余儀なくされている方に季節感を味わってもらったり、皆で仲良く楽しんで運動してもらったりすることを目的にグループ・リハビリテーションを実施しています。これまでには、年賀状作りや花植え、七夕の飾り付け、秋の運動会などを催してきております。

▲ ページの先頭に移動