入院リハビリテーション

ホーム ≫ 入院リハビリテーション

入院患者様を対象に、入院リハビリテーションサービス(理学療法・作業療法・言語聴覚療法)を提供しております。主な疾患は、脳血管疾患(脳梗塞・脳出 血・くも膜下出血など)、廃用症候群(外科的手術後の筋力低下など)、運動器疾患(大腿骨頚部骨折など)、脊椎・脊髄疾患(頚椎症性脊髄症・腰部脊柱管狭 窄症・腰椎椎間板ヘルニアなど)、心臓血管疾患(心不全・閉塞性動脈硬化症など)です。

理学療法とは、運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法のことで、基礎的動作能力(起きる・立つ・歩くなど)の向上を目的に行われています。

作業療法とは、その人にとって意味のある作業(日常生活活動・趣味・仕事など)を用いて行われる治療のことで、応用的動作能力(着替える・トイレに行く・外出するなど)の向上を目的に行われています。

言語聴覚療法とは、コミュニケーション能力(話す・聴く)や摂食能力の向上を目的に行われる治療法のことです。

▲ ページの先頭に移動